写真展 – Tokyo International Photography

Processed with VSCOcam with f2 preset先日Dumboにあるギャラリー、United Photo Industired HQから新しい展示会のお知らせメールがあり、東京インターナショナルフォトコンペティション受賞者の写真展が開催されるとありました。
NY在住日本人フォトグラファーとしては興味深い!ということで早速行ってきました。規模は小規模でしたが、日本とアメリカそれぞれから4名づつ選ばれたフォトグラファーの写真が展示されていました。

この東京インターナショナルフォトコンペティションとは、「東京とニューヨークという独自の文化を持つ2つの都市と文化を繋げる架け橋となること、そして日本およびアメリカの写真家が、国を超えてアーティスティックなヴィジョンを提示し、写真によるコラボレーションと対話の機会を創りだすことを目的に創設されたHPより抜粋」のだそうです。そして、「2015年に東京での開催を目標とする国際フォトフェスティバルに向けた最初のステップ」ということです。

世界各地では数多くの写真コンペが開催され、そこで新しい才能を発掘されています。しかし日本では他国に比べるとそういった写真コンペを通して新たな才能が見出されることは少ないのが現状です。理由は様々ですが、その一つは言語という壁です。海外で作品を発表していきたい日本の写真家、また日本で作品を発表したい海外の写真家は言語がネックになっているという実状を打破すべく東京・銀座に拠点を持つ写真センターTokyo Institute of Photography (TIP)と、ニューヨーク・ブルックリンにあるUnited Photo Industriesとがパートナーシップを組み、日本とアメリカにおける作品の露出機会を生みだしていこうという取り組みの一つのようです。

このような機会が増えていくことはフォトグラファーとしては嬉しいことで、今後の展開が楽しみです。

Posted in BLOG, Photo Exhibition. RSS 2.0 feed.

Comments are closed.