Archive

写真編集、保存の作業環境

世界でも指折りのフォトグラファーが住む街ニューヨークは、日々写真関連の話題が豊富で、このメリットを生かしてブログを書こうと思い、新たにこのブログを開設することにしました。ここでは、ニューヨークの写真に関する様々な情報、また私個人の写真に関連したトピックを紹介していきたいと思っています。

そこで最初の投稿はまずは身近な所からということで、私自身の写真編集、保存作業の環境を少しお話しできればと思います。
ニューヨークに来てSchool of Visual ArtsにてDigital Photographyの大学院に入学し、そこでデジタル写真にまつわる様々なことを学びました。それまでの自分の作業環境は、今振り返ると本当にお恥ずかしいものででした。機材という観点から話をするならば、カメラ、ライティングといった撮影に実際に使用する機材は勿論のこと、撮った写真を編集、保存する機材も写真の出来を大きく左右する大きな要素です。

上の写真が私のデスクです。(いつもこんなにすっきりしている訳ではなく、カオスな時も勿論あります。そして我が家の猫がMacの上でお昼寝中です。)このデスクにある主なものは以下になります。

MacBookPro
NEC Monitor MultiSync P221W
LaCie ハードドライブ(2TB/1TB)
Drobo
LaCie DVDドライブ

モニターはNECのMultiSync P221Wで、こちらは日本のNECでは販売されていないようです。このモニターには専用のキャリビレーターが付いています。スペック等の詳細はリンク先のNECサイトをご覧下さい。

そして写真の保存にLaCieハードドライブとDroboを使用しています。DroboはMacのタイムマシーンに使用しています。

このデスクの横にはプリンターが置いてあるのですが、プリンターの紹介はまた改めて。