Standard

この写真はタダではないんですよ!

写真関係の友人を中心として私のFacebook上で最近良く見かけたリンクに「This Photograph Is Not Free」という記事があった。
これはカメラマンが直面している風潮にユーモアを込めてチクリと釘を刺している様な記事だった。

大まかな内容はこんな感じ。
「2012年初日の出の写真。これを撮るのにかかったコストは総額6,612ドル。
仕事場から撮影スポット、そして自宅へ帰るのにかかったガソリン代、12ドル。撮影したカメラ本体2500ドル、レンズは1600ドル。フィルター210ドル、アダプター200ドル。三脚130ドル。シャッターリリース60ドル。
自宅に戻ってから写真のデータを取り込んだコンピューターが1200ドル、そして編集に使ったソフト、Lightroomが200ドルでPhotoshopが500ドル。

12+2500+1600+210+200+130+60+1200+200+500= $6,612

もしあなたがこの写真を雑誌、ウェブサイト、会社などでつかいたいのなら、タダで使っていいですか、と私に聞かないでくれ。たとえクレジットとして名前を載せるからと交換条件を付けても同じことだ。
作家、秘書やあなたの上司がタダで働いてくれる訳がない。同様に、だれもこの写真をタダで使わせるカメラマンなんていないんだ。
デジタル写真だからって、写真を作り上げるのはタダな訳ではない。

勿論この写真一枚を作るのに総額6612ドルかかった訳ではない。けれど、ゼロからはじめてこの写真を制作しようとしたらそれだけの費用がかかるということだ。つまり許可無しにこの写真が使われたとしたら、賠償金の金額は6612ドルになるという訳だ。

クレジットとして名前を載せてもらえるからといって写真の使用許可を出したところで、その結果考えられるのは、新たに誰かがあなたの写真をタダで使わせて欲しいと連絡して来ることくらいだろう。
今度レストランでこんなことを試してみたらいい。友人知人にここのサービスがどれだけ素晴らしいか伝えるから、御代をタダにして欲しいとウェイターに頼んでみたらどうだろうか。」

本当にその通り!と大きくうなずいてしまった。

デジタル化したカメラ業界は以前に比べるとコストがかからなくなっただろう、作業が簡略化されただろうと思われているようだ。けれど、現実はその真逆。

まずデジタル化され、機材の費用はかなり増えた。デジタル機材の買い替え周期は3年といわれる。カメラ本体をはじめ、パソコン、モニター、プリンターを3年ごとに買い替えるその費用はフィルムの頃に比べたら破格。フィルム時代は3年といったそんな短期間で毎回機材を買い替える必要なんてなかった。

そして、デジタル化したことで撮影自体が簡略化され、クライアントの方々はフォトグラファーはデジタルのお陰で以前より楽になったと印象を受けるようだ。けれど、クライアントには見えないポストプロダクションに費やすフォトグラファーの時間はフィルム時代に比べたら一体どれだけ増えたのだろうか。

「フォトグラファーは写真を撮る現場だけで仕事をしている訳ではないんですよ〜」とつい心の中でつぶやいてしまう。

Standard

国際写真センター – 金曜日の夕方がお得


ニューヨークの金曜日夕方は入場が無料になったり、安くなったりするところが多いのですが、その中でもMOMAは有名で、金曜夕方は入場料が無料!
それと似た形式で国際写真センター = International Center of Photography(通称: ICP)では金曜夕方5時から8時の間の入場料金は入場者の寄付ということで、自分の気持ちでいくらか渡すだけで入場できる素敵なサービスがあります。
この機会を利用すれば大変お手軽に写真展を楽しむ事が出来るのです。
ICPは1974年にロバート・キャパの弟、コーネル・キャパにより創られ、今では写真の学校、美術館、ショップが併設されています。
ちなみに私が行ったこの日は「Remembering 9/11」と題して9・11の写真が展示されていました。
こんな風にNYではお得にアートを楽しめるサービスがあるので、要チェックです!

International Center of Photography
1133 Avenue of the Americas at 43rd Street, New York, NY 10036
火-木曜: 10:00 am–6:00 pm
金曜: 10:00 am–8:00 pm
土-日曜: 10:00 am–6:00 pm
閉館日: 月曜, January 1, July 4, Thanksgiving Day, December 25
一般: $12学生、シニア: $8、ICPメンバー: Free
12歳以下: Free、金曜の寄付入場: 5:00–8:00 pm

Standard

編集作業の効率化 – プリセット

写真を編集する際に使用する主なアプリケーションは、PhotoshopとLightroomで、主にLightroomを使用しています。
簡単な作業の流れを説明すると、Raw設定で写真を撮影し、ファイルをMacに取り込み、必要に応じてExpression MediaPhoto Mechanicといった大量の撮影データを一元管理でき、高速にブラウジングのできるソフトで写真をまず整理します。特にウェディング等大量に写真を撮影した際には、この作業がとても効率的です。そして必要によって、キーワード、キャプション等のメタデータを入れ、ファイル名を変更してひとまず完了です。
次にLightroomにセレクトした写真を取り込み、写真それぞれの編集作業に移ります。
そこで効率的な編集作業に必要なのがプリセットです。プリセットとは、あらかじめ写真の補正方法がセットされていて大量の写真に一括して同じ補正をかけることができるのです。同じような環境で撮った写真で、同じような編集作業をやりたいときなどには一括処理が可能になるわけです。プリセットを使用した後、それぞれ一枚ずつ補正をしますが、プリセットのお陰で編集作業が大変効率化されます。
勿論自分の好みのプリセットをLightroomやPhotoshoで作る事も可能ですが、まずは試しに無料のプリセットをダウンロードしてプリセットの便利さを体験してみてはいかがでしょうか。
そこで今回紹介するのはこの2つのサイトです。

MCP Actions
PhotoshopやLightroomのプリセット、アクションなどを多く揃えているサイトです。無料のものもありますので、ぜひ自分の好みのセットをダウンロードしてみて試してみて下さい。

 

 

PresetsHeaven
こちらは無料のLightroom用プリセットが揃っています。

Standard

Photo Gallery Walk in Dumbo

フォトギャラリーが数多くあるNYですが、まずはDumboの地域にあるフォトギャラリーから紹介したいと思います。
DumboとはDown Under the Manhattan Bridge Overpassの略と言われ、ブルックリン区にあります。マンハッタンからは橋を渡ってすぐです。電車ならF LineのYork駅またはA・C LineのHigh駅です。
数多くの映画やドラマがこの地域で撮影されていて、写真スポットが点在します。眺めのいい公園が川沿いに広がり素敵なお散歩コースがあります。
そんなDumboには数多くのギャラリーがあり、その中のお気に入りのギャラリーをご紹介します。

【POWERHOUSE ARENA】
powerHouse Booksという写真集を出版する出版社が経営するpowerHouse Arenaは写真集を販売している本屋でもあり、また写真展やその他各種のイベントをするスペースも併設されています。

また年に一度、写真のポートフォリオレビューも開催されています。
詳細はこちら >> www.powerhouseportfolioreview.com

The powerHouse Arena
37 Main Street
Brooklyn, NY 11201
Bookstore Hours:
Monday – Wednesday: 10 a.m. – 7 p.m.
Thursday – Friday: 10 a.m. – 8 p.m.
Saturday: 11 a.m. – 8 p.m.
Sunday: 11 a.m. – 7 p.m.
http://www.powerhousearena.com/

以前powerHouse Arenaで開催されていた写真展の様子。

111 FRONT STREET GALLERY
Dumboの111 Front Streetにあるビルの2階には数多くのギャラリーがあり、写真、ペインティングなど色々なアートのギャラリーを一度にみることが出来ます。その中のいくつかのギャラリーをご紹介します。
【umbrage】
111 Front Street, Suite 208
Brooklyn, NY 11201
www.umbragegallery.com
Tel: 212.796.2707
Fax: 212.796.2708
MON – FRI, 12-6pm
【Giacobetti Paul Gallery】
111 Front street, Suite 220
Brooklyn, NY 11201
giacobettipaul.com
Weds – Sun, 12 noon to 6pm

【VII Gallery】
ドキュメンタリー写真を専門としたギャラリーはNYでもあまりなく、VII Galleryは私のお気に入りの一つです。
「VII」はフォトエージェンシーで30人前後のフォトジャーナリストを抱えており、「conflict(争い・矛盾) photography」を主な題材としています。そんなエージェーンシーのギャラリーがこのVII Galleryです。
VIIが運営するウェブマガジン「VII The Magazine」も是非ご覧下さい。
28 Jay Street, Dumbo – Brooklyn
2 blocks west of York Street station (F train)
Tel: 212-337-3130
Open from 10am – 6pm Monday-Friday
www.viiphoto.com/news/vii-gallery/

Standard

PhotoshopでJPEGを保存する際の画質

JPEGファイルをPhotoshopで保存するにあたって、興味深い記事を見つけたのでこちらをご紹介。

PetaPixel」という写真関連のトピックスを扱うブログに「A Higher Quality Setting in Photoshop Sometimes Reduces JPEG Quality」という記事がありました。タイトルがいうには「PhotoshopでJPEGを保存する際に良い画質で保存することで、逆に実際の写真の画質が低下するることがある」というのです。

PhotoshopでJPEGを保存する際にオプションで画質を選ぶことが出来ます。高画質で保存すればファイルサイズが大きくなるものの、写真の画質は良いのだろうと当然思っていたのですが、記事によると、画質では当然と思われていたその理論が通用しないということです。
その理由はちょっと複雑なので、ここでは結論だけ簡単に説明します。画質を「7」で保存した場合と「6」で保存した場合の画質を比べると、実際には6で保存したものの方が画質が良いということなのです! つまり、JPEGをPhotoshopで保存する場合は7よりも高画質(12〜8)または6以下にした方が良いということだそうです。

Standard

写真編集、保存の作業環境

世界でも指折りのフォトグラファーが住む街ニューヨークは、日々写真関連の話題が豊富で、このメリットを生かしてブログを書こうと思い、新たにこのブログを開設することにしました。ここでは、ニューヨークの写真に関する様々な情報、また私個人の写真に関連したトピックを紹介していきたいと思っています。

そこで最初の投稿はまずは身近な所からということで、私自身の写真編集、保存作業の環境を少しお話しできればと思います。
ニューヨークに来てSchool of Visual ArtsにてDigital Photographyの大学院に入学し、そこでデジタル写真にまつわる様々なことを学びました。それまでの自分の作業環境は、今振り返ると本当にお恥ずかしいものででした。機材という観点から話をするならば、カメラ、ライティングといった撮影に実際に使用する機材は勿論のこと、撮った写真を編集、保存する機材も写真の出来を大きく左右する大きな要素です。

上の写真が私のデスクです。(いつもこんなにすっきりしている訳ではなく、カオスな時も勿論あります。そして我が家の猫がMacの上でお昼寝中です。)このデスクにある主なものは以下になります。

MacBookPro
NEC Monitor MultiSync P221W
LaCie ハードドライブ(2TB/1TB)
Drobo
LaCie DVDドライブ

モニターはNECのMultiSync P221Wで、こちらは日本のNECでは販売されていないようです。このモニターには専用のキャリビレーターが付いています。スペック等の詳細はリンク先のNECサイトをご覧下さい。

そして写真の保存にLaCieハードドライブとDroboを使用しています。DroboはMacのタイムマシーンに使用しています。

このデスクの横にはプリンターが置いてあるのですが、プリンターの紹介はまた改めて。